チーズケーキのおはなし

cakeTOPページ

チーズケーキとは?

cakeチーズの種類

チーズによってケーキの味が変わります。チーズの種類を知ろう!

cakeチーズケーキの歴史

チーズケーキの豆知識♪

世界での歴史

日本での歴史

cake簡単レシピ

おうちでつくろうチーズケーキ!

超簡単!混ぜて焼くだけチーズケーキ

混ぜたら冷蔵庫で冷やすだけ。あっさりレアチーズケーキ

ブルーベリーのベイクドチーズケーキ

市販のスポンジを使って。イチゴのチーズケーキ

チョコとクリームチーズの濃厚コンビ!チョコチーズケーキ

cakeニューヨークチーズケーキのおはなし

ニューヨークチーズケーキとは?

おうちでつくろう!こってり濃厚。ニューヨークチーズケーキ!

cakeティラミスのおはなし

ティラミスとは?

おうちでつくろう!ティラミスレシピ

cakeサイトマップ

 

 

 

チーズケーキの歴史

日本での歴史

日本のチーズは奈良時代に中国からやってきました。「酥(そ)」と言うもので、この「酥」と言うものは食べてみると、ほんのりとミルクの甘味を口の中に感じます。
食物の豊富な現代では、これを食べたからといって味のほうも、いまいちと言ったところではないでしょうか。
昔の米 通販や餃子の通販で買ったものがイマイチだったことがありますが、そんな感じではないでしょうか。


質素な奈良時代の食生活の中で食べた「酥」は多分、衝撃的な味わいだったでしょう。
当時の言葉に「醍醐」という言葉が残っていますが、 「醍醐味」とはこの「酥」を食べたときの表現だったようです。その中でも一番の「酥」好きが醍醐天皇です。なんていっても、自分の名前にしてしまうくらいですもの。

この「酥」というものが、日本のチーズケーキの始まりかは分かりませんが、甘味の少なかった昔では十分にデザート扱いだったのでしょう。
現代は物が沢山あり、自分の近くで買えなくても米 通販や餃子の通販のようにネットなどで手軽に買えるのでいい時代になりましたね。

現代のチーズケーキが日本に流れ着いたのはわりと最近で、明治時代のようです。
  その事実を表すものとして、明治6年(1873)に発行された「万宝珍書」という本の中に「甘味の製法」という項目があり、ライスチースケーキ(この頃の日本では「チーズ」ではなく、チース」と呼ばれてたようです)の名前があります。
  しかし、このライスチースケーキは今の皆さんが見ているチーズケーキとは違い、ライスとチーズが混ざったもので、当時の日本人にはあまり受け入れられなかったようです。
今ではみんなに愛されるチーズケーキにこんな歴史があったなんて、知っていましたか?


今で言うチーズケーキがお目見えしたのは戦後です。それまで食材不足などで、なかなか普及しなかったこのチーズケーキも 食材が豊かになってきた昭和30〜40年頃広まったようです。 レアタイプのチーズケーキが普及するのは、昭和30年代に発明された電気冷蔵庫のおかげです。この電気冷蔵庫の発明のおかげでお菓子業界の世界も一変し、様々なタイプのチーズケーキが生まれたそうです。

今の時代にはレア、スフレ、ニューヨークなどなど様々なタイプのチーズケーキが出回ってます。

recommend

facebook
https://ja-jp.facebook.com/

2015/1/7 更新

Copyright (C)チーズケーキのおはなし. All Rights Reserved.